TOP > カーボン・オフセットについて知りたい > CO2排出量を計算してみる

カーボン・オフセットについて知りたい

CO2排出量を計算してみる

1.CO2を排出する活動(エネルギー消費活動)を抽出

事業活動の中で、どのような活動を通してCO2を排出しているか、活動を洗い出します。

    (一例)
  • PCやサーバー等のOA機器の稼働による電力消費
  • オフィス内での照明等による電力消費
  • 水道、ガスなどの利用によるエネルギー消費
  • 役職員の通勤、顧客訪問等による交通機関の利用によるエネルギー消費
  • 出張等による飛行機等の利用
  • 工場や店舗稼働にかかるエネルギー消費

2.活動ごとのエネルギー消費量を確認し、CO2排出量に換算

オフセットの対象とする活動を決定したら、それぞれの活動において、どのエネルギーを消費しているか特定し、CO2排出量を算定します。

基本の計算式

エネルギー消費量×排出係数=CO2排出量

(例:電力の場合)
年間の電力使用量 × CO2排出係数(1kWhあたりのCO2排出量) CO2排出量
300,000kwh × 0.339(※) (≒102トン)

※東京電力の2006年度排出係数を参考値として使用

3.CO2排出量の合計値を算出

2.で計算した活動ごとのCO2排出量を足し合わせ、合計値を算出します。

排出係数等は温室効果ガス排出量算定・報告マニュアルを参照しています
http://www.env.go.jp/earth/ghg-santeikohyo/manual/chpt2.pdf(PDF)

ページの先頭へ